永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛をすると皮膚ガンを起こすなどの副作用が出ると言われていますが、日本医学脱毛協会による研究では医療用赤外線レーザーを使用した永久脱毛は毛根までしか届くことなく皮膚に悪影響を及ぼすことはないとされています。レーザーの威力によっては肌トラブルを起こすことがありますが、そのような時にはクリニックですぐに対応してくれるので心配はありません。脱毛サロンで行われるような医療用ではない永久脱毛の場合は病気などのリスクを否定できませんが、医療用であれば問題はないことが認められています。

永久脱毛による副作用

最近では、一度の手術で毛の成長を抑制する永久脱毛が人気を集めています。永久脱毛には、レーザー治療が最も適しています。手術にあたる前には、クリニックでのアンケートや任意調査を終えた後、自らの肌体質をよく理解しておく必要があります。施術の方法は、レーザーを脱毛箇所に短時間照射します。一ヶ所に、集中して照射しないことがポイントです注意点は、ニキビやイボがある場所は回避して施術してもらうことです。体質によっては、一時的に皮膚に赤みや軽度の火傷が発生する場合があります。その場合は、処方される軟膏や湿布を塗布することが求められます。副作用として毛膿炎が見られる場合がありますが、炎症の一種であるため、敏感になりすぎる心配はないのです。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛の口コミでは様々な情報を得られますが、誤った情報や勘違いなどもあります。そのため、全てをうのみにせずに見るといいです。ワキ汗やワキガに関しては、そのような副作用がないので勘違いです。汗をたくさんかくようになるのではなく、脱毛によって毛がなくなるので、すぐに服に届いてしまうということであり、その汗が臭いの原因になることも多いのです。そのため、清潔に保てるように、頻繁に拭き取ることが必要です。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛を行う前に知っておきたいことは、自身の肌体質です。手術前に理解しておくことで、肌トラブルを回避することができます。また、スタッフとの事前の相談や、カウンセリングも注意する必要があります。項目ごとの質問には、的確に答えることが求められます。アトピー肌や敏感肌の方は、医師の説明やアドバイスを充分に理解する必要があります。評判の良いクリニックや病院を選ぶことで、火傷や痛みを防ぐことができます。永久脱毛は、レーザーの照射によって局所的に脱毛を行います。熱で体毛を除去するため、体質によっては赤みや痒みが感じられる場合があります。レーザーを照射した部位は、潤いやハリが不足しがちであるため、軟膏や保湿クリームを塗ることで乾燥から肌を守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です